平昌冬季オリンピック 民 官 軍 警合同対テロ訓練

平昌冬季オリンピックの対テロ訓練

13日、陸軍36師団8087部隊1大隊と憲兵特殊任務隊員が江原道旌善公設運動場で民・官・軍・警察の合同対テロ訓練を実施した。

今回の訓練は2018平昌冬季オリンピック安全開催のためのもので旌善郡庁をはじめ、旌善警察署、8087部隊1大隊、旌善消防署、36師団憲兵特任、工兵隊、化学隊と、災害関連の民間組織である篤志消防隊、自主防犯隊、ボランティアセンターなど10の機関、団体約200人が参加した。NEWS1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする