少女時代ソヒョン、不可解なランキング1位で大ブーイング!

1月26日、音楽番組「Mカウントダウン」のランキングで少女時代ソヒョンが1位になったことがマズかった


少女時代のソヒョンさん、1月17日に初のソロアルバム「Don’t Say No」を発表したんだけど、しょせん旬の過ぎたアイドルグループの3~4番手のソロ曲。当然注目が集まるはずもなく、CDチャートでは1位になったものの、音楽配信チャートではご覧の通り。


韓国のCD市場は2000年以降、不法コピー・不法ファイル共有の横行によって崩壊し、アイドル系の特典商法でしかCDが売れたいため、(2016年のCDセールスベスト100のうち、非アイドル系はテレビドラマのサウンドトラック2枚とバラード歌手1枚の3枚のみ)CDランキングが日本のオリコンのような音楽の流行の指標ではなく、日本の有線放送の役割を果たしている音楽配信サイトのランキングが重要な指標となる。


SnapCrab_NoName_2017-1-28_13-43-5_No-00
melon

SnapCrab_NoName_2017-1-28_13-45-6_No-00
ginie

SnapCrab_NoName_2017-1-28_13-56-54_No-00
soribada

SnapCrab_NoName_2017-1-28_13-59-17_No-00
mnet

おまけに放送当日のデイリーチャートで軒並み100位圏外だったもんだから、韓国ネチズンさんが大ブーイングしちゃうのも当然

これに関しては少女時代ソヒョンさんが何か不正を行ったわけじゃなく、韓国の音楽番組はランキングの公平性よりも娯楽性を重視しているからこういうことも起こっちゃうってだけのことなんですけどね・・・・

「Mカウントダウンチャート」の順位算出方法は

音楽配信 50%
CD販売  15%
Youtube再生数 15%
事前投票 10%
放送回数 10%
+番組内のリアルタイム投票10%

「Mカウントダウンチャート」が利用している音楽配信サイト「Mネット」で少女時代ソヒョンさんは18位。これを「Mカウントダウンチャート」娯楽性重視ルールに基づいて1位に引き上げてみようと思います。

「テレビのサウンドトラックはランキングから除外」

2位 エイリー 
4位 ママムー 
6位 ヘイズ  
7位 ソユ(SISTAR) 
8位 ロイ・キム、キム・イジ 
9位 URBAN ZAKAPA 
10位 CRUSH 
11位 チャニョル、パンチ
15位 チョン・ジュニル 
16位 サム・キム 
17位 ファン・ガンヒ、GEKO 

「音楽番組に出ない奴は除外」

1位 スジ(MissA)
3位 RAIN
5位 IOI
14位 2NE1

現在ヒットしている曲が次々と消えて行き、残ったのは

12位 楽童ミュージシャン
13位 AOA
18位 ソヒョン(少女時代)

ここまでくればCDランキング1位やYoutube再生数などで上位2グループを上回るって1位になれますね

でもやっぱり変でしょ?全然流行ってない曲が1位になる韓国の音楽番組って・・・

正直なところネットの報道を見ると「少女時代ソヒョンMカ1位」「少女時代ソヒョンCD週間1位」というような報道が目立ちますが、実際は全然流行ってません

全然流行ってない曲が1位になれば、チャートのシステムに問題があるとはいえ叩かれても仕方ないですよね、ごく一部のファンを除いた多くの人々は「旬を過ぎたアイドルグループの3~4番手の曲」よりも、「国民の初恋」や「人気ドラマの挿入歌」を聞きたいわけですから・・・